ノエル銀座クリニックでの肝斑治療について

###Site Name###


美容に興味のない方でしたら
「肝斑」という文字すら読めないかもしれません。
ちなみに「かんぱん」です。
しかし、肝斑は中年に差し掛かる女性に
多く見られるお肌のトラブルで、
お肌がかなり黒ずんでしまいます。

肝斑の治療方法はいくつかありますが、
ノエル銀座クリニックはQスイッチYAGレーザーを使います。
このQスイッチYAGレーザーにも様々な種類があり、
ノエル銀座クリニックはメドライトC6の上位機種である
レブライトSIを採用しています。
専門家でないと機種の違いは分からないかもしれませんが、
とりあえず昔に比べてより治しやすくなったことが伺えます。

昔は、肝斑の治療でレーザー治療をするのは厳禁でした。
強い光はかえって肝斑を悪化させてしまうため、
レーザーによる治療は出来ないとされていました。
しかし、ノエル銀座クリニックが導入している
レブライトSIはその欠点をカバーし、
余計な刺激を与えずにメラニンだけを
ピンポイントに除去する優れものです。

ノエル銀座クリニックはしていませんが、
一般的な肝斑の治療には光治療が主流だと言われています。
使う機種は主にフォトRFオーロラで、
肌の新陳代謝を活性化させて生まれ変わりを促進させます。
ただし、場合によっては確実に治療できるは限らず、
治療期間が長いのがネックです。
マイルドな光になりますので、
なかなか治らないのが光治療の特徴になります。

すべての美容治療に言えることですが、
こうしたものはいくつかの治療と併用した方が望ましいです。
QスイッチYAGレーザーだけでなく、
ビタミンCやトランサミンを内服するのもおすすめです。
トレチノインやハイドロキノンなどの
外用薬を使うのもアリだと言えます。
そしてこれらの薬は可能な限り
信頼のおけるところから入手したいです。
薬はどれも副作用が怖いので、
信頼できるメーカーが製造したものを使いたいです。

ノエル銀座クリニックはしっかりとその点は徹底していますので、
安心してお任せすることが出来ます。